60分で海外英語を聞き取れるようになる方法>>

【完全無料】英語学習サイト50選をあなたの目的別に紹介します

英語学習者向けに作られている英語学習サイト。

 

しかし、その数の多さや種類の豊富さからなかなか自分にあったものを見つけるのは大変です。

  • シンプルに英語学習サイトが知りたい
  •  海外サイトがあれば知りたい
  • TOEIC用の英語サイトが知りたい

など、ニーズ別に50の英語学習サイトを紹介しましたので、ぜひ有効活用してくださいね!

目次

英語の基礎学習ができるサイト12

英語学習サイト

 まずは、英語の基礎である文法を中心に学習できるサイトを紹介します。こちらは、初心者から上級者までおすすめできるものです。様々なサイトがあるので、自分に一番あったもので学習を進める参考にしてみてください。 

1. スタディサプリEnglish

スタディサプリEnglish  は、英語学習を1から始める人向けに作られています。
手軽さと続けやすさが人気の秘密になっています。1回の授業は3分ほどなので、隙間時間に学習することができます。そのため、忙しいママさんなどでも継続して学習することが可能となっています。
また、レベルチェックのテストが最初にあるので、自分にあったレベルの学習を行えます。そして、続けやすいのには理由があります。

 

初心者向きの「新日常英会話コース」では、ドラマ仕立てにレッスンを通して、楽しみながらおもてなしや旅行英語を学んでいくことができるからです。そして、内容の理解クイズやディクテーショントレーニング、成果の可視化などによってやる気を高めていきます。

 

また、他にもT O E I Cやビジネス英語を習得したい方のためのコースも設置されています。今現在、「新日常英会話コース」を受講すれば「日常英会話コース」が無料になっているキャンペーン中のため、興味があれば早めの入会をお勧めします。 

»スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

2. 宍戸律子:60分でネイティブ英語を聞き取る方法

海外ニュースを聞き取れるようになることに特化した英語学習です。カナダの大学卒業で、8年間住んでいらっしゃった英会話講師の方が作っているものになります。

 

「単語がわからない」、「英語が聞き取れない」、「音のつながりがわからないと言った」、英語が聞き取れない原因を明らかにしています。こちらの特徴は、たった60分の講義で英語力を上げる勉強法を学べることです。

 

今までの学習方法を見直すことで、効率的な勉強方法に変えることができます英語の勉強に行き詰まった方、今までの学習方法に疑問を感じている方に特におすすめします。

\60分でネイティブ英語を聞き取る/

無料講座を受け取ってください!

3. 中学校英語学習サイト

中学英語の復習ができるサイトです。中学3年間分の文法が、単元ごとにまとめており、無料で閲覧することができます。例文が多く、また11つのステップを丁寧に解説しているため、非常にわかりやすい構成になっています。

 

そして、1セクションごとに練習問題に取り組むことができます。覚えたことをアウトプットし復習することで知識の定着を図ることができます。中学校の教科書のリスニング問題にも取り組むことができるので、家にいながら中学校の授業さながらのものを無料で受けられるのです。

 

中学英語は、英語の基礎であると同時に、それだけでも十分英語が話せるようになるほど重要なものです。1から英語をやり直したい方は使ってみてはいかがですか。

»中学校英語学習サイト

4. NHKゴガク

英語学習と言ったらNHKゴガク」と言えるほど、非常に有名なサービスです。ラジオやテレビで放送される授業を、テキストを購入して参加する形になっています。テキストの購入は必須ではないので、講座自体はどなたでも無料で見ることができます。

 

NHKゴガクの特徴はなんと言ってもその講座の種類の多さです。中学英語レベルから、英会話に特化したもの、単語に特化したもの、ビシネスに特化したものなどニーズやレベルに合わせた様々な講座が展開されています。中でも、アニメ「リトル・チャロ」を通した学習や、S N S場の英語を見ていくコースは、他にはない楽しみながら英語を学べる新しい番組なので是非一度見てみてください。

»NHKゴガク

5. 英語王子が教えるやり直し文法法

こちらは、英文法の疑問を解消し、英文がスラスラ読めるようになることを目標にしています。英語のルールである英文法を理解することによって英文の読解力を高めることができるからです。

 

単元ごとの分布解説では、チャット形式の記事で非常に噛み砕いた表現が使われています。そのため、英語学習に苦手意識のある方でも楽しく学習することができます。また、英語学習者が持つ疑問も丁寧に解説されているため、今までに学習してわからなかったことも理解しやすくなっています。

 

こちらは、非常に高いレベルまで様々な記事があるので、英文が読めるようになるまで重宝することになるサイトです。

 

»英語王子が教えるやり直し文法法

6. ちょいデブ親父の英文法

中学英語から、大学一般レベルまでの非常に幅の広い英文法と、大量の英例文や口語表現をまとめてあるサイトです。構成は例文を多く使っており、また、シンプルながらも重要なところは赤字になっているなど非常に綺麗な配置になっています。

 

倒置や群前置詞と言った、上級者向けの英文法が無料で見られるサイトは非常に珍しいです。そのため、総復習や1からの学習のみでなく、自分が知りたいことを重点的に学習したい上級者にも使える優秀なサイトです。

 

口語英語の紹介のセクションでは、会話形式の例文を通してインプットのみだった知識を定着させることができ、非常に質の高い内容となっています。文法を学んだ後に見ることで、使える英語を増やしていくことができるのです。

» ちょいデブ親父の英文法

7. 参考書より分かりやすい英文法理解

これは、学習塾の指導経験のある方が立ち上げているサイトです。構成は非常にシンプルで、文法の単元のセクションごとに「形→日本語訳→使い方→例文→問題」という順番になっています。単元は非常に細かく分かれているため、短い時間で一番今学びたいことの重要な点を確実に抑えることができます。

 

このサイトの面白いところは、「英語にしやすい日本語を考えることによって英語を話せるようにしよう」をコンセプトにしていることです。各文法解説時に、英語にしやすい日本語訳の作り方についての解説があります。

 

論理的に英語を話せるようになりたい時、短期間で会話ができるようになりたい時にも、非常に便利なサイトです。学習塾のような学習が好きな方はぜひ使ってみてください。

»参考書より分かりやすい英文法理解

8. English café 英語喫茶

英語喫茶は、英語を気軽に楽しむ手目のサイトです。1ヶ月で英文法レッスンを「感じ」、その後2ヶ月で少しずつ難しい内容に取り組んでいきます。

 

このサイトは、英文法を図を使って解説をしています。そのため、文章だけよりもみやすく感覚的に理解することが可能になっています。また、レッスン後にはオリジナルの問題で確認をすることができます。

 

問題の解説が細かく、文法解説はステップに沿っているため、間違えたところがどこなのかが簡単にわかります。また、英単語の意味まで解説しているので、わからないことがわからないままになることがありません。

 

1日の量は多くはないため、非常に続けやすいのも英語喫茶のおすすめポイントです。

»English café 英語喫茶

9. 中学校3年間の基礎英文法やり直し講座

英語教材を熟知された方による文法解説です。とにかく簡潔でわかりやすいのが‘特徴です。文法の解説では、「これだけ覚える」欄があり、その単元の一番重要なポイントを最初に持ってきています。

 

そして、残りの部分が詳しい解説になっています。よって、ポイントが何なのか意識しながら解説を読んでいくことができます。これにより、解説の理解度が格段に上がります。

 

また、最低限覚えなくてはいけないことが書いてあるので、英語に苦手意識がある人でも、無理なく学習を勧めていくことができます。

 

英語でつまずいたことがある人は特におすすめしたいサイトです。

»中学校3年間の基礎英文法やり直し講座

10. 英語With Luke

Lukaさんという、イギリスとアメリカのミックスで、日本で英語教師や翻訳者をしている方の英語学習サイトです。ネイティブの方ということもあって、スラングや単語の使い分け、実践的なフレーズなどが豊富です。まさにかゆいとことに手が届く学習サイトです。

 

細かいニュアンスまで日本語で説明しているほか、音声ファイルもついているので発音の学習も可能です。また、イギリスとアメリカで育っている経験から、アメリカ英語とイギリス英語の違いや、地域特有の英語も説明しています。

 

一通り英語の基礎は覚え、ネイティブのような会話がしたい方、教科書にはない生きた英語が知りたい方には必見のサイトになっています。

»英語With Luke

11. アルク

アルクは英語を学ぶ人のためのサイトです。アルク自体は通信講座を行なっていますが、本サイトは全て無料になっています。子供の英語やTOEICなど、自分の興味がある内容のページを開くことでおすすめの勉強法やコツを調べることができます。

 

特に資格試験を受けるつもりの方は、情報が得られるアルクはとても便利なサイトになっています。資格試験に対する疑問の回答や、得点やレベル別勉強法、使った教材、勉強のスケジュールなど経験者の記事を見ることができるからです。

 

また、日替わりの問題やテストなどもあります。勉強方法に疑問を感じたり、行き詰まってしまったりした時などは一度訪れてみると良いでしょう。

»アルク

12 英語学習お助けサイト

 ドラマや名言などから英語を学びたい方におすすめのサイトです。難しそうに聞こえる、実際のドラマなどからの英語学習ですが、このサイトなら初心者でも無理なく映画やドラマを使った英語学習が可能です。

 

このサイトでは生で使われている作品の英語の中から日常的に使われる文章をピックアップし、解説しています。解説は非常に詳しく、単語の意味だけでなく動詞の使い方や、細かいニュアンス、さらにそのフレーズを使った例文まで丁寧に解説されています

 

また、スピーチの解説を読むことで、今英語圏で起きていることを無理なく学習することができます。もちろん英会話に関するコンテンツも多くあり、こちらも生のフレーズを細かいシチュエーションごとに詳しく解説しています。

 

楽しみながらも力がつく、初心者から上級者まで使える画期的なサイトです。

»英語学習お助けサイト

 

英語学習お助けサイトで映画を聞き取れないなら、英語の英語が聞き取れない対処法の記事も参考になると思います。

英語の基礎学習ができる「海外」サイト6

英語学習海外サイト

英語の基礎学習は日本語のサイトでなくても行うことができます。以下が英語で英語の基礎を学習できるおすすめのサイトです。英語の基礎がわからないと手を出しにくいものではありますが、少しずつ取り入れていきましょう。生の英語が学べます。

 

今の時代はGoogle翻訳という革命ツールがありますので、より質の高い情報にリーチしたいなら海外サイトもチェックしておきましょう。

 

それでは順番に紹介していきます。 

1. VOA Learning English

アメリカの世界中の英語学習者に向けたサイトです。初級者、中級者、上級者向けのコンテンツに分かれています。例えば初級では、5分ほどのネイティブが街中で行うような自然な会話のドラマのビデオで英語の基礎を学びます。

 

全て簡単な単語でできているため、無理なく学習を進められます。ドラマの途中でスピーキングのためにお手本が流れる時間があるので、スピーキングとリスニングを同時に練習することも可能です。

 

また、初心者向けに書かれた、実際の記事を簡単で短めの英語にしたものあります。そのため、読む練習をしたり、今話題になっているニュースに関連した単語を覚えたりすることができます。

 

英語を早いうちから使いたい方、海外にいるかのように英語を学びたい方にはぜひおすすめのサイトです。

»VOA Learning English

2. BBC Learning English

こちらは BBCが提供している無料の英語学習サービスです。もちろん、BBCなのでイギリス英語は使われていることが特徴です。イギリス英語が使われている教材は日本ではなかなかないので、イギリス英語を勉強したい方はここで勉強するのが良いでしょう。

 

二分ほどのビデオをみた後、ダイアログをみて内容を確認していく形で学習を進めます。その後は小テストで理解度をチェックすることができます。ただ、初級の動画でも中学1年生レベルの基礎が身についていないと難しく感じるかもしれません。

 

また、文法や発音はネイティブの方が英語で説明するため、基礎的な英語力はこのサイトを使う前につけておいた方が効果的になります。

»BBC Learning English

3. News in Levels

News in Levels は英語の世界中のニュースをレベルに合わせた内容にして提供しているサイトです。同じニュースでも選択したレベルによって長さや使われる単語が変わるため、自分にあったレベルでのリーディング学習が行えます。

 

レベル1なら、中学英語の基礎を知っていれば、読むことができるレベルです。また、学習者が知らなそうな単語に関しては、簡単な英語で説明がされています。そのため、日本語を介さず英語学習が可能です。また、ニュース動画もついており、こちらもレベルごとに使われるフレーズや速さが変わっています。

 

ニュースで英語を見てみたいけれども、難易度が高くて手が出せない人も、このサイトなら効率よくリーディングの練習をすることができます。

»News in Levels

4. OXFORD UNIERCITY PRESS

これはオックスフォード大学が提供している英語学習サイトです。世界中の人たちに高い質の教育を広げることを目的として作られています。そして、このサイトでは、英語の勉強法の1つである「多読」学習が行えます。絵本を読んだり、聴いたりすることができるのです。

 

レベルも初心者からあり、一番簡単なものだと子供向けの絵本になります。そのため、辞書を引かなくてもストレスなくリーディング力を高めることができます。また、アプリも配信されているため、外出先の隙間時間にも学習できます。

 

8月まで、一部の教材が無料でアクセスできるようになっています。買うと高くなってしまう洋書。このチャンスに活用してみましょう。

»OXFORD UNIERCITY PRESS

5. Elllo

ELLLOはEnglish Listening Lesson Library Online 略で、主にリスニング練習のためのサイトです。特徴としては、各動画にテーマになっている文法の単元の単元があることです。学んだ英文法を使った実践的な会話を聞き、リスニングの能力としても定着させていくことができます。

 

また、小テストもあるので聞き取り度を確認することも可能です。このサイトは様々な国の英語を扱っています。アメリカやイギリスのみならず、カナダやフィンランドの方もいます。そのため早い段階から様々な英語の音声に触れることができます。

 

英語学習の早い段階から生のリスニング能力をつけるために、初心者から上級者まで非常におすすめできるサイトになっています。

»Elllo

6. Learn English kids

 こちらはIELTSでお馴染みのBLITISH COUNCILが提供している子供向けの英語学習サイトです。子供向けといっても17歳までの利用できるように作られているため、質が高く、様々なレベルや内容の教材があります。子供が英語を学ぶように英語学習を進めることができます。

 

例えば、初心者向けのものでは単語をイラストと音声を通して覚えたり、英語の歌を聞いたりするコンテンツがあります。それが、レベルが上がっていくごとに、対象年齢も上がるため、文字が多くなっていきます。そのため、自分のレベルに合わせた無理のない学習が可能です。

 

また、文法解説も全て英語ですが、例をみて自分で学習できるように作られており、文法理解のためにとても便利です。

 

自分の学習にはもちろん、お子さんと一緒に英語を勉強するときにも使ってみてください。

»Learn English kids 

発音方法を学べる英語学習サイト12

目標を設定する

英語学習で欠かせないのが発音の習得です。

それでは順番に見ていきましょう。

 1. 英語発音入門

英語発音入は無料のウェブ教材で、甲南大学の伊庭緑教授が監修なさっています。音声学をやっている方なので、子音や母音、イントネーションなどを音と図で論理的に説明しています。

 

感覚的にはわかりにくい英語の発音も、このサイトを使うとどこをどのように動かして発音をするのかがしっかり学べます。英語の発音につまずいているポイントもわかるようになるので、英語の発音につまずいた経験がある人は特に参考にしてみてください。

»英語発音入門

2. 東京外国語大学言語入門

こちらは東京外語大学が運営している言語学習サイトです。名門外国語大学ということもあり、非常に質が高く、量も豊富です。このサイトでは、子供向けにアルファベットやイントネーションを学べるほか、会話を通して発音を学ぶことができます。

 

このサイトの凄いところは、アメリカ英語、イギリス英語のみならず、シンガポール英語やインド英語、カナダ英語など、実に9種類の地方の英語を練習することができる点です。

 

英語は地方によって発音が異なりますが、ここまで網羅しているサイトはなかなか見かけません。初心者の方のみならず、違う国の英語のアクセントやイントネーションを習得したい中上級者の方にも非常におすすめできる、発音練習サイトです。

»東京外国語大学言語入門

3. READING BEAR

READING BEARはフォニックスが学べる発音練習のサイトです。フォニックスは、英語圏のネイティブの子供たちにも使われている、英語の発音のルールのことです。

 

知っていると、英語の綴りを見ただけで正確に発音できるようになるのです。このサイトでは1音1音の発音を丁寧に聞きながら、英語の発音のルールを学びます。

 

その後、フラッシュカードなどを用いて反復し定着を目指します。コースも、単母音から始まり、二重母音、サイレントe、子音など、全ての発音のルールを学ぶことができます

 

英語を1音ずつ丁寧に覚えていきたい方、フォニックスに興味がある方は利用してみてはいかがでしょうか。お子さんの英語学習にも非常にお勧めできます。

»READING BEAR

英単語を学べる英語学習サイト4

英語学習サイト

単語の学習方法も実はたくさんあります。単語の覚え方や、テストなど活用できるサイトをまとめてみました。

それでは順番に紹介します。

1. 天才単語

天才英単語は覚え方のヒントを集め、苦労することの多い単語学習をなるべくわかりやすくしています。構成としては、フラッシュカードのようになっています。

 

また、カードの下にはヒントとなるような、英単語に関連した豆知識があり、その下には例文が書いてあります。なかなか覚えられない単語も、語源や発音のヒントを見ることで頭に定着させやすくします

 

また、一度覚えた単語はチェックがつくので、何ができたのか可視化することもできます。そして、レベルは入門から英検準1級まで対応しているので長く使うことができます。

 

単語を楽しく学習したい方、単語学習に苦手意識がある方にお勧めです。

»天才単語 

2. 英語単語テスト

アルクが提供している単語力の確認テストです。4択の問題にたった20問答えることで、大まかな英語力がわかるほか、今必要な勉強についてのアドバイスやおすすめの本の紹介があります。「何で単語を勉強したら良いのか」、「自分のレベルがわからない」といった悩みがあるときに非常に使えるサイトです。

 

また、アルク自体も語彙力強化の教材を持っているのでそちらを利用することもできます。有料にはなりますが、主要な単語に絞っており、継続しやすい通信講座のため、力を伸ばすためにはとても良い教材です。

»英語単語テスト

3. 単語力

単語力ではでは、8000語の辞書からランダムに出題されます。レベルも初級、中級、上級、至難に分かれており、出題範囲はそれぞれ2000語です。

 

また、間違えた問題は単語帳に登録し、いつでも習得することができます。復習テスト行うことで間違えた単語を覚え、結果として語彙力を増やしていくことが可能です。

 

また、「総まくりテスト」では、2000語の単語を順にテストしていきます。単語力はテストのサイトでありながら、テストから単語を学ぶことに力を入れているので、これだけでも語彙の強化が可能です。

 

また、モチベーションを高めるためにリアルタイムのランキングや記録を残すことができます。

ゲーム感覚で単語を学びたい方にお勧めしたいサイトです。

»単語力 

4. Weblio語彙力診断テスト

これは、オンライン辞書サイトのweliboが提供している、語彙力診断テストです。総合的な診断や、TOEICの点数、英検の合格可能性などから単語力を見ることができます。

 

これは、5択の問題に答えていき、推定の語彙力を図るものです。1〜10000語まで図ることができるので定期的にはかりに来るとモチベーションの向上につながるほか、小テストのように知らなかった単語を覚える場としても使うことができます。

 

また、語学試験のほうは、目標の級や点数の推定単語カバー率がわかるようになっています。そのため、自分はあとどのくらい単語を知る必要があるのかを見る一つの基準としても使えます。

»Weblio語彙力診断テスト 

5. スタディサプリ ビジネス英語コース

スタディサプリのビジネス英語コースも、語彙力を上げる上でとても便利です。この教材は、ビジネス英語に特化していますが、単語の勉強としても使うことができます。

 

ビジネス英語コースなので、実際のビジネスのシーンを見ながら英単語を学ぶことができます。隙間時間に見られる最短三分のドラマや、とっさの一言が出るようにすることに特化した200700ものフレーズが、楽しく総合的に語彙力を高めていきます。

 

また、各講座の後には単語チェックもあり、理解度を可視化することも可能です。単語力を上げながらリスニングやスピーキングも伸ばしていきたい方、ビジネス英語に特化した語彙をつけたい方、実際に使える語彙を増やしたい方にお勧めです。

»スタディサプリEnglish

リスニング力を上げられる英語学習サイト53

英語を聞き取れない人がやるべきこと

»宍戸律子 60分でネイティブ英語を聞き取る方法

リスニングの勉強をする前に、事前に上記のサイトでネイティブ英語を聞き取れるようになってからの勉強をおすすめします。

 

リスニング学習のコツがわかったら次は実践です。リスニングを勉強できるおすすめのサイトは以下のものがあります。

それでは順番に見ていきましょう。

 1. ESL bits

ESL bites はリスニングとリーディングを同時に行える海外の英語学習サイトです。500を超えるリスニング教材を無料で使うことができます。

 

音声は10分ほどで、各音声にはスクリプトがついています。ディクテーションをやった後にすぐチェックしたり、聞き取れなかったところの重点的にチェックが可能になったりしています。また、このサイトでは再生速度を0.65倍から1.25倍の間で自由に変えることができます。

 

英語の聞き取りに苦手意識がある場合はゆっくり、リスニング能力を最大まで鍛えたい場合は速く再生するなど、目的にそった学習を行えます。

»ESL bits

2. VOA

先ほど、基礎学習でも紹介したVOAは、上級者の英語学習にも良いコンテンツとなっています。アメリカが運営しているため、アメリカ英語はメインになっています。

 

実際の世界でのニュースを音声で聞き、その後本文を見て確認することができます。特徴としては、丁寧な英語をはっきりゆっくり発音しているので、発音と音の対応を重点的に学ぶのに良いコンテンツになっています。

 

時事のリスニング教材でありながら、初〜中級者のかたが取り組めるビデオになっています。英語特有のつながった英語の理解に苦手意識のある人、早いうちから実際のニュースを聞いてリスニング教材をやりたい方にお勧めです。

»VOA

3. NHK Radio Podcast

 NHKの過去のラジオやテレビ番組が聞けるサイトです。中でもNHK WORLD RADIO JAPANでは海外のリスナーに向けて、日本国内や世界の主なニュースが聞けるようになっています。

 

こちらは、映像付きかつ日本で話題になっている内容なので比較的イメージが掴みやすいです。また、リアルタイムで1、2分のニュースが更新されていくため、隙間時間でのニュースチェックを英語の学習に当てることができます。ニュースの内容は全て文字起こしされているので確認も可能です。

 

また、日本のことを海外の人に伝えるときに必要な単語やフレーズの習得や、ニュースのチェックを兼ねて使ってみてください。

»NHK Radio Podcast

4. LibriVox

このサイトは、公共のオーディオブックのサイトで、本を読んだり聞いたりすることができます。パブリックドメインなので、古い作品が多いのですが、本来高額なお金がかかってしまうオーディオブックでの英語学習を無料で行える点でとても優秀です。

 

また、ダウンロードも可能なので好きな時間に好きな場所で聞くことができます。時間は長いものが多く、物語のため出てくる語彙もレベルが高いです。

 

子供向けの本もありますが、それでも3時間は超えてくるため難易度は決して低くはないです。しかし、英語自体は比較的聞き取りやすくなっています。

 

そのため、リスニング及び英語上級者向けの勉強法にはなりますが、物語が好きな人、今までのリスニング方法では物足りない人はぜひ一度試してみてください。

»LibriVox

5. Loyal books

Loyal Books はパブリックドメインのオーディオブックを提供しています。パブリックドメインのため、古い作品が多いのですが、7000以上の作品が揃っています。ジャンルごとに分けられているので、自分の好きな作品を探しやすいです。

 

また本のサマリーが見られるため、取り組む前に大まかな内容か、自分の好きなジャンルかを知ることができます。また、web上でそのままチャプターごとの音声を聴ける手軽さもポイントになっています。時間は長く、語彙も難しいものではありますが、英語自体は聞きやすいです。

 

オーディオブックを使った学習がしたい方、少しだけ試してみたい方におすすめのサイトです。

»Loyal books

6. TED

言わずと知れた、英語のリスニング学習サイトです。TEDの特徴は何といってもそのジャンルの多さと、英語学習者向けに作られたシステムでしょう。ジャンルは、文化や社会問題など様々で、興味のある内容を選ぶことができます。

 

また、プレゼンターの出身地も様々で、いろいろなアクセントの英語に触れることができます。また、動画には英語をはじめとした、様々な言語の字幕をつけることができます。中には日本語もあるので、「最初に日本語で内容を理解してから英語で学習する」といった勉強方法も可能になっています。

 

また、ここにでている人たちはプレゼンテーションの達人でもあるので、プレゼンのやり方の勉強や、フレーズのインプットとして使うこともできます。初心者から上級者まで学習できる、

 

定番ですが質の高いサービスです。

»TED

7. English in a minute

こちらも、VIOが提供する英語のリスニングサーピスです。タイトルからもわかるように、全て1分の動画になっています。動画では、フレーズの解説をミニドラマを通して行っています。

 

このフレーズは教科書には出てこない、いわゆるスラングが多いです。短いため非常にテンポがよく、また、隙間時間に見ることができます。英語で解説が行われるため、基礎的なリスニング能力は必須になってはしまいます。

 

しかし、生の英語のフレーズをネイティブの解説のよって習得できるのは力になるので、英語力に余裕のある方は語彙習得も兼ねて1度利用してみることをお勧めします。

»English in a minute

8. Hello Channel

Hello channel は日常の英会話を学べるYOUTUBE のチャンネルです。実際の生活の場面のビデオで使われるフレーズや単語を紹介しています。そのため、内容をイメージをしながらリスニングをすることができます。また、英語字幕もあるので聞き取れなかったところを確認することができます。

 

単語は簡単な英語で説明されているで、英語で英語を学びたい人にお勧めです。中には専門用語の解説などもありますが、語彙力が中学英語程度あれば理解ができるような内容になっています。また丁寧な発音が使われているので、初級〜中級の方にも分かりやすいと思います。

 

手軽に英語のリスニングを勉強したい人はまずはここから初めてみるのも良いでしょう。

»Hello Channel

TOEIC・英検対策ができる英語学習サイト10

英語学習サイト

英語の勉強をしていると、必ずといって目標になるのがTOEICや英検と言った英語試験でしょう。これらは、モチベーションを高めるだけでなく、自分の英語力を客観的に見ることもできます。以下が資格試験に特化したサイトになっています。

 

それでは順番に紹介していきます。

1. スタディサプリEnglish TOEIC対策コース

スタディプリ EnglishのTOEIC対策コースでは、20回分もの実戦問題がこれ一つで行えます。また、スタディサプリの特徴である、最短3分からの学習も可能になっています。

 

まずはパートごとの演習問題やトレーニング問題に取り組み、わからなかったところは丁寧な解説で理解することができます。単語チェックや復讐トレーニングもあるので、自分のレベルを可視化したり、単語の定着を図ったりすることもできます

 

また、講義は300本以上あり、自分が必要な情報を学ぶことができます。こちらの講義は満足度90%を誇っており、「世界一わかりやすいTOEICテストの授業」と言われています。

 

短い隙間時間を使ってTOEIC結果を出したい方は一度試してみて欲しいおすすめのコンテンツです。

»スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)。

2. Online TOEIC Practice

ETSのサイトでは、無料でTOEICのオンラインテストを受けることができます。実際のTOEICを受ける前に自分の実力を確認するほか、TOEICの勉強としても使うことができます。

 

このオンラインテストを受けるとCEFR(ヨーロッパで主に使われている英語の基準)で今の自分の英語力を見ることができます。ETSはTOEICを開発している企業なので、練習問題とはいえ、その完成度は非常に高く本番そっくりに作られています

 

TOEICは受験するために1回6000円ほどはかかりますし、参考書や過去問を購入するにも、お金がかかります。このオンラインテストは、利用して損はないサイトなのです。

 

TOEIC受験を考えている方は1度利用してみることをお勧めします。

»Online TOEIC Practice

3. ITトレメTOEIC

IT トレメは、I Tのエキスパートのための成長支援メディアです。TOEICのセクションでは1日に241 問、英語スキルを問うテストを行なっています。

 

シンプルでありながら使いやすいwebサイトです。1問解くごとに詳しい解説が出てくるので、間違えた問題をすぐに確認することができます。

 

つまり、1問解くだけでも英語の学習になるのです。仕事の合間の隙間時間などに使うことができるので、忙しい人でも勉強を無理なく続けることができます。また、日替わりの問題なのですが、過去のも問題は全て見られるため、時間のあるときに大量の問題に取り組んで力をつけることができます。

 

時間がない人に特にお勧めしたいサイトです。

»ITトレメTOEIC

4. TOEICスコアアップナビ

このサイトはその名の通り、TOEIC学習者に向けた勉強方法について書いてあります。管理されている方は970点を持っているので、その効果は保証されています。

 

ここでは、TOEICの基本情報やメリットデメリットをはじめ、文法問題の解説もみることができます。解説は、文法の種類ごとにまとめられているので必要な情報を見つけやすいです。

 

また、受験経験者ならではのTOEICのテクニックもまとめてあります。テストの形式で気をつけたほうが良いことや、先読み、問題用紙の使い方などセクションごとにまとめてあります。

 

知っていて損はないので、受験前に一読してみると成績がよくなるかもしれません。

»TOEICスコアアップナビ

5. TOEICスコアアップの教科書

こちらはTOEIC学習のフリーソフトを公開しています。勉強法と攻略法に300ベージ、1000問の音声付き問題と、850単語が入っている、大ボリームの無料ソフトです。

 

リーディングの引っ掛け問題の対処法や、英文法のルールは知っておくだけでTOEIC受験終了後にも役に立ちます。また、無料のTOEIC教材は、重要語句や英文法が多く入るように考えて作られています。

 

音声もついているので、文法、リスニング、ボキャブラリーを効率よく同時に身につけることができます。初めてTOEICを受ける方から、点数が伸び悩んでいる方、TOEICの先まで見据えた学習をしたい方まで幅広い層で使える無料のソフトウェアです。

»TOEICスコアアップの教科書

6. 日本英語検定協会のホームページ

日本英語検定協会とは、英検を開催している教会のことです。英検の公式ホームページでは、なんと試験の勉強を行うことができます。英検は公式が過去の問題を音声付きで公開しているのです。

 

本番と同じ冊子で、過去に実際に出た問題を音声付きで無料で取り組むことができます。一度問題を解いてみて自分に一番あった級を探したり、合格のための学習に活用したりすることができます。

 

また、二次試験のスピーキングはサンプルの音声公開がされているので、合格に必要なレベルの把握ができます。バーチャルの二次試験が体験できるページもあります。参考書を購入しなくても、公式サイトだけでこれだけのことができるのです。

 

英検受験者はまず最初英検の公式ホームページに訪れると良いでしょう。

»日本英語検定協会のホームページ

7. 過去問ドットコム

過去問ドットコムは、TOEICの過去問を勉強できるアプリです。1問1答で、回答がすぐに分かります。また、過去問の詳しい解説が説いているのでわからない問題はすぐに理解につなげることができるのも、1問1答の良いところです。

 

ランダム出題機能」では正解するまで出題がエンドレスで出題されます。繰り返し使うことで頭に定着し、合格につながるのです。また、試験を想定した模試で合格可能性を算出する機能もあります。全て無料で使えるので、スマホ入れておくといつでも試験の勉強が可能になります。

 

こちらのアプリはTOEICと英検準1、2、準2、3級に対応しています。

»過去問ドットコム

8. Exam English

これは、英語の試験を勉強している人に向けて作られた、海外のサイトです。TOEICの問題に取り組むことができます。模試1回分200問を繰り返し解いたり、受験前に解いたりして活用したり、様々な使い方ができますまた、アプリは200円ほどしますが、手軽にリスニング対策が行えるメリットがあります。

 

TOEIC以外にもIELTS TOEFL の過去問もあるので、そちらの受験を考えている方にも使っていただけるサイトとなっています。

»Exam English

9. 4Tests.com

4 Tests.comはTOEIC をはじめとする資格試験の問題を無料で解くことができるサイトです。特徴としては、セクションごとにやりたい問題を選択することができることです。

 

苦手な問題に取り組みたい時に、1から問題を解く必要がありません。そのため、大幅に時間を節約することができます。間違えた問題は、解き直しや解説を見ることができます。

 

解説は英語になっていますが、簡潔に読める他、時間を短縮することができます。効率的な勉強をしたい時に使える問題集サイトです。

»4Tests.com

10. 英語リスニング無料学習館

 これは、TOEIC900を習得した方が運営されているサイトです。自身の苦労を元に、リスニング能力向上に重点をおいたサービスです。ディクテーションを取り入れた学習を行うことができます。

 

問題をいつも通りに解いた後に、聞き取った英文を書く欄があります。回答もすぐに出るため、確認を手早く行うことができます。速度を変えられるので初心者でも安心です。

 

オンライン辞書へのリンクが貼ってあるので、わからない単語をそのまま調べることもできます。時間のかかるディクテーションを最大限効率化することができるのです。

 

また、TOEICをはじめ、YOUTUBEやニュース、単語(RL) など多様なコンテンツのディクテーションを行うことができます。

»英語リスニング無料学習館

英語学習ができる辞書サイト6

インプットとアウトプット

最後に英語学習には欠かせない、辞書について紹介します。実は、電子辞書や紙の辞書を買わなくてもネットで使える辞書はたくさんあるのです。自分に一番合う辞書で学習を進めていきましょう。

 

では、順番に特徴をみていきます。

1. goo辞書

Goo辞書は言語問わず様々な辞書を取り扱っているサイトです。英語のセクションでは。英和と和英辞書をはじめとした4種類の辞書を使うことができます。

 

中でもgoo時事英語辞典は、今話題になっている時事に関連した言葉が載っています。サラリーマン川柳を翻訳された方が監修されています。調べられている言葉 160位のランキングもあるので、今話題になっている英単語をトレンドに遅れることなく知ることができます。

 

また、コロケーション時点では、慣用句を探すことができます。語彙力を増やしたいとき、単語の使い方を知りたい時に利用することで、知識を深めていくこともできます。

»goo辞書

2. 英辞郎 on the web

英辞郎はアルクの提供する英語辞典のサービスです。単語の活用やイディオム、例文などが詳しくまとめてあります。特に例文はフランクなものが多いので、すぐに使うことができます。

 

比較的にカジュアルな例文を求めている方にはおすすめです。イディオムは単語によっては60以上もまとめてあり、質が高いです。この英辞郎には、無料の英辞郎、登録必須のPro Lite、月額300円のProがあります。

 

無料でも十分に使えますが、有料版だとスマートフォンにアプリをダウンロードしたり、音声を聞いたりすることもできます。まずは、無料版を試してみて、気に入れば有料版の購入を検討してみてください。

»英辞郎 on the web

3 Weblio 英和和英辞典

言わずと知れた、web英語辞典です。1158万語収録の英和、和英をはじめ、類語辞典、英単語帳や英語翻訳の機能もあります。

 

このサイトの良いところは、いろいろな辞書の結果をまとめて見ることができる点です。自分にしっくりくる説明や、用例を一瞬で探すことができますそのため、単語のあまり使われない用法を調べたい時も安心です。

 

例文も、辞書によってのスタイルは異なるので自分の知りたい例文を探すことができます。また、例文には音声がついているので、例文の発音練習にも使うことができます。

 

サイトの一番下には派生語や関連単語も載っているので、単語を調べながら学習を深めることもできます。

»Weblio 英和和英辞典

4. ロングマン英英辞典

ロングマン英英辞典は英英辞典の中でも非常に有名です。そのロングマンがwebサイトで無料で使うことができるのです。英英辞典なので英語で意味を理解できる、中級者以上向けになります。

 

しかし、難しい単語は日本語より英語の説明の方がわかりやすい場合もあるので、英英辞典も使えると良いでしょう。ロングマンの特徴はなんといってもコロレーションの多さです。

 

動詞との組み合わせ、フレーズ、派生語などがまとめてあります。そのため、自分の言いたい言い回しを見つけ易くなっています。また、よくある間違えもあるので、単語の誤用を防ぐことができます。

»ロングマン英英辞典

5. オックスフォード英英辞典

オックスフォード英英辞典も、ロングマンと並んで非常に有名な英英辞典です。異なる点は、オックスフォード英英辞典の方が上級者向けということです。

 

解説が最低限の非常にシンプルな作りになっているので、説明に使われている語彙のレベルが高い場合があります。しかし、それは必要な情報を効率よく学ぶことができるということです。

 

英語の上級者の方には是非おすすめしたい辞書です。オックスフォード英英辞典のアプリは3000円ほどしますが紙の辞書よりも安く、楽に持ち運ぶことができるので便利でお買い得になっています。

»オックスフォード英英辞典

6. Urban dictionary

最後に紹介するのはUrban dictionary です。これは現代英語やスラングに特化した英語辞書になっています。日常会話で使われるのは丁寧な教科書で見る英語だけではありません。

 

実際の会話や、ドラマでは聞いたことのない言い回しや汚い言葉を耳にすることがあると思います。そんな言葉たちを全て調べることができるのです。また、英文も会話形式になっており、非常にカジュアルに(汚く)なっています。生の英語を知りたい人には最適のサイトでしょう。

 

サイト自体は無料で、アプリもあるので、英語学習者は持っていて損がありません。

»Urban dictionary

60分でネイティブ英語を聞き取る方法!

\60分でネイティブ英語を聞き取る/

無料講座を受け取ってください!

目次
閉じる