60分で海外英語を聞き取れるようになる方法>>

機内食の英語が聞き取れなくても大丈夫?事例付きで覚えておこう

初めての国際線旅行、英語が通じるか心配に感じていませんか?

私だけ英語が聞き取れなかったら周りになんて思われるんだろう、友人や子どもの前で恥をかきたくない・・・と不安に感じている方も少なくないと思います。

 

せめて飛行機の中でくらいスムーズにやりとりをしたいですよね。

 

実際に機内で英語でやりとりする場面を考えてみると、客室乗務員さんと会話を交わすのは、機内食を選ぶ場面や飲み物を受け取る場面に限定されます。

 

実は機内でのやりとりのために、そこまで英単語や難しい構文を理解している必要はないのです。

ではなぜ機内で英語のやりとりに不安を感じるのでしょうか?それは周りにいるネイティブが話す流暢な英語を聞いて、ひるんでしまうからなのです。

 

落ち着いて聞き取れば、分からないと焦ることはありません。そしてありがたいことに、飛行機のアナウンスで使われる英文はある程度決まっているため、あらかじめ知っておけば概ね対応することができます。

 

そこで今回は、海外旅行に備えて機内食の受け渡しでよく使うフレーズを理解していきましょう。

目次

機内食の英語が聞き取れないのは普通?

機内食の英語が聞き取れない

機内、それも国際線の機内となると、強く非日常感を感じます。普段飛行機に乗らない人の場合、なおさら緊張してしまうと思います。

 

加えて飛行機では、機体や空調による騒音がひどく、英語を聞き取りにくい環境になっています。考えてみれば、国内線でも客室乗務員さんは顔を近づけてハキハキと話してくれますよね。

 

だから国際線で英語が聞き取れないとき、その原因がいつもあなたにあるとは限らないのです。まずはこのことを理解して、機内のアナウンスが聞き取れなくても、落ち着いて対応しましょう。

機内食の英語が聞き取れなくても大丈夫!

長いフライトで楽しみとなるのが機内食ですよね。もし機内食の英語が聞き取れないと食べられないのでしょうか?

 

決してそんなことはありません。

 

でも頼んだものと違うものがきたり、やりとりに手間取ったりしたら、せっかくの旅の気分も落ち込んでしまいますよね

 

だからまずは、機内で使われる英語を事例つきで紹介するので、場面をイメージしながら口に出して練習してみてください。

機内食で使う英語を事例付きで解説!

今から解説する英語をマスターすれば、一生機内食で困ることはないでしょう。

Chicken or fish?(チキンにしますか?魚にしますか?)

機内食の食事メニューはたいてい2種類のメインディッシュから選びます

 

食事が運ばれると必ず聞かれる定番質問と言えます。

他にも “Beef or fish?” などが考えられます。

 

答え方としては、 “Chicken, please.” のように文末に “~, please.” をつけて受け答えをします。

 

フライト前に食事をしてお腹がすいていない場合や、飛行機に酔ってしまい食事を後にしてほしいときには、

“Could I have my meal later?”(食事は後にしてもらえませんか?)

と言いましょう。後からお腹がすいたときに食事をとることができます。

 

そして食後には

“Can you take my tray away?” (トレーを下げていただけませんか?)

とお願いすれば、食器を片付けてくれます。ここまでくれば一連の機内食のやりとりが完了しますね。

Would you like something to drink?(何か飲み物はありませんか?)

フライト中に喉が渇いたら、どうやって飲み物をもらうのでしょうか?

国際線の場合、機内への飲み物の持ち込みが厳しくなるので、持ち込まない方も多いと思います。

 

とはいえ、長いフライトで喉が渇いたら辛いですよね。

 

そこで使えるのがこのフレーズです。何のドリンクがあるか知りたい場合は、

“What kind of drinks do you have?”(何のドリンクがありますか?)

と聞いてみましょう。

 

冬や、機内のクーラーがききすぎて寒いときには

“Do you have any hot drinks?”(温かい飲み物はありませんか?)

と聞いてみてください。ホットメニューが出てくるはずです。

アレルギーがあったら?

あなたでなくても、一緒にいる友人や家族にアレルギーがあったら、機内食を食べる前に確認をとりたいですよね。

 

仮に乳製品のアレルギーがある場合には、

“Do you have a dairy-free menu?”(乳製品の入っていないメニューはありますか?)

と聞きます。乳製品はdairy products と言いますが、 dairy だけでも意味は通じます

 

小麦粉の場合は wheat にかえて、

“Do you have a wheat-free menu?”(小麦粉の入っていないメニューはありますか?)

と聞きましょう。

 

一般に海外のほうが宗教上の理由や、ベジタリアンへの理解から食事にバリエーションがあります。

きっとアレルギーがあっても、食べられるものを用意してくれるはずです。

 

せっかくの海外旅行ですから、アレルギーがあっても食事を楽しめるように、このフレーズは覚えておきたいですね。

それでも、もし聞き取れなかったら?

“Say that again, please?”(すみませんが、もう一度言っていただけませんか?)

素直にもう一度聞きましょう。

 

2度目くらいまでは客室乗務員さんもにこやかに応じてくれます。

機内食で英語を使うときの注意点はある?

機内食

くり返しになりますが、機内食の英語に難しい単語は必要ありません。だから、細かい文法にこだわらないで、伝えたい単語を口にしましょう。

 

客室乗務員さんは、英語を聞き取れない・話せないお客さんへの対応に慣れていますから、話せないと焦ることはありません。

 

あなたが食べたいもの、飲みたいもの、要望を素直に伝えましょう。まとめると、注意点は「焦らないこと」です。

機内食で英語を聞き取れないときの対処法:まとめ

機内食

機内には機内食のメニューがおいてあります。英語が分からないときは、パンフレットを活用し、指差しで伝えましょう。

 

復習になりますが、聞き取れない場合は遠慮せずに

“Say that again, please?”(すみませんが、もう一度言っていただけませんか?)

と言えば大丈夫です。

 

フライトが快適なものになるよう祈っています。

「海外旅行中の英語も聞き取れるようになりたい!」という人は、海外旅行の英語が聞き取れないときの対処法も、セットで読んで知識を深めていきましょう!

 

機内食だけじゃない!海外英語を聞き取りたい人へ!

海外旅行を控えている人へ、60分でネイティブ英語を聞き取れる最強の方法を伝授します。

 

たったの60分でネイティブ英語が聞き取れるなら、実践しない手はないですよね?

 

通勤中や会社の休憩時間など、時間がある時にサクッとチェックすればOKです!とはいえ、限定公開中なの登録だけは今済ませておきましょう。

なんて最強のサービスなんだ…」とびっくりしないように注意してください。

\60分でネイティブ英語を聞き取る/

無料講座を受け取ってください!

人気記事

【完全無料】英語学習サイト50選

人気記事

【最新】厳選したオンライン英会話15社をあなたに合わせて徹底比較

60分でネイティブ英語を聞き取る方法!

\60分でネイティブ英語を聞き取る/

無料講座を受け取ってください!

目次
閉じる