60分で海外英語を聞き取れるようになる方法>>

英語を上達させたいときに大切なこと

「英語が話せるようになりたい!」

というのは英語学習者ならみんな持っている気持ちだと思います。

 

実際に英語が話せる日本人は一握りしかいません。

 

では、英語が話せるようになるためには何が必要で、どうすれば良いのでしょうか。英検3級から三年で、高校生でのTOEFL100越えをした筆者の心掛けていたことを紹介していきます。

目次

目標を決める

まず、英語を勉強する時に、自分のゴールを決めることが大切です。英語学習のゴールは人によって異なりますし、それによって必要なことも変わってきます。

 

そして、必要なことは自分で考えていかなくてはいけません、他の人の勉強法を真似しているだけでは不十分なのです。

まずは、具体的な目標の例を見ていきましょう。

「英語がぺらぺらになりたい!」

英語がぺらぺらになりたい!という気持ちがあるとします。では、その「ペラペラ」とは何を指すのでしょう。

 

ネイティブと変わらない会話を、変わらない発音で、とするのなら、それにはテストでは測りきれない英語力が必要です。語彙も、学術的なものから日常の汚い言葉まで知っている必要があります。これを目指すには莫大な時間をかける必要があります。

「字幕なしで映画を見たい!」

もし、あなたの目標が字幕なしで映画を見ることだとすると、必ずしもアカデミックなエッセイをかける必要はありません。

 

テストでの読解の点数が高い必要もありません。しかし、高いリスニング力や語彙力が必要になってきます。

»参考:映画の英語が聞き取れないときの対処法

「海外旅行で現地の方と会話を楽しみたい!」

海外旅行で現地の方と会話するのが目標なら、リスニングと共に自分の意思を伝えたり、会話を盛り上げたりするスキルが必要になってきます。

 

そのため、オンライン英会話を受講してみること、現地での会話をターゲットとした本でフレーズを学ぶことなどが挙げられます。

»参考:海外旅行で英語を聞き取りたいときは?

「キャリアアップしたい!」「進学したい!」

キャリアアップを目指すためや、留学をしたい場合、語学試験の点数も重要になってきます。

 

また、前者はビジネス用語、後者は学術的な用語を知る必要もあります。この二つでは、必要なライティングやスピーキングのスキルも少しずつ異なっています。

 

英語を学ぶ時に、これらすべてを最初から完璧にする必要はありません。自分が目指したいのはなんなのか、具体的な目標を決めましょう

 

そして、今の自分には何が必要なのかを考えるように心掛けます。これは、あなた自身にしかわからない、とても重要なことなのです。

努力をすること

英語が喋れない!上達しない!という原因の一番は、実は学習時間の短さだったりします。自分の思っているより英語学習には時間がかかります。そして、思っているより学習していないのです。

 

よく、一週間で、一ヶ月で英語が話せる!というものを見かけますが、これは基本的にはありえないと思って良いです。なぜなら、アメリカの言語のエリートである外交官がある程度日本語を修得するのに必要な時間は2000時間とも言われているからです。

 

もちろん、英語から日本語と日本語から英語では多少違いがありますが、私たちが英語を喋れるようになるには、最低でも2000時間はかかる覚悟をして良いのです。これは、1日2時間勉強するとして二年半以上、1日30分なら11年かかる時間です。

 

私自身、TOEFLを80から100まで上げた時(英検でいう準1から1級)、月100時間以上単語や過去問で学習し、1日5〜6時間英語で授業をうける生活でした。ネット上で他の方を見ても、実際に結果を出している、英語が話せるようになっている方は圧倒的に英語に触れた時間が多いです。

 

私たちは日本語を喋ることができますが、それは生まれてから今まで日常生活や学校で毎日のように学んできたからです。外国語を学ぶということは、その工程をなるべく短くして言語を習得することです。

 

そのため、時間がかかって当然です学生でないと、その時間を確保するのはなかなか大変なことだと思います。隙間時間の活用や、何年かかっても諦めない心を大切にやり続けましょう。

量と質

よく、「量と質どちらが大切ですか?」という質問がありますが、私は言語学習では「量があってから初めて質を考えるもの」と考えています。なぜなら英語学習の質の良いやり方は人によって異なるからです。

 

例えば、単語の覚え方一つにしてもネットには様々な情報が溢れています。単語帳を使う人、オリジナルの単語ノートを作る人、文章の中で覚えていく人・・・・・・。そして、その全てが正解なのが言語学習なのです。

 

人には得意不得意があるのと同じで、得意な勉強法、苦手な勉強法がそれぞれあります。そして、それはやってみないとわかりません。単語の覚え方1つにしても様々な方法にトライして、自分なりの方法を探すしかないのです。

 

つまり、質の良い勉強をするには、時間をかけることが大前提となっています。しっくりする勉強法がなければ、手当たり次第試していく時期も重要なのです。

楽しむこと

そして、最後に大切なのは楽しむことです。楽しむことは、上に紹介したすべてをやる上で大切になっています。

 

英語学習は長い道のりです。覚えることも多く、何年経っても伸び悩みを感じることもあるでしょう。それでも、英語学習を楽しいと思ったら、何倍も楽に長く続けることにつながります。

 

時には、自分の好きな勉強法を足してみましょう。歌が好きなら洋楽、漫画が好きなら英語の漫画。車が好きなら英語で車の雑誌を読んでみる、と言った具合です。また、短期留学や旅行の計画を立ててみるのも良いでしょう。楽しみながら英語の学習をすることで、モチベーションのアップにもつながります。

 

また、語学試験などを受けることもおすすめです。

これは、一見わかりにくい英語の上達度を可視化することができます。自分ではわからない間にも、やり続けていれば英語は成長していくものです。

 

例え、試験が目標でなかったとしても、行き詰まりを感じたらテストを受けてみましょう。自信につながり、言語学習の楽さを思い出せるかもしれません。

まとめ

英語学習の上で大切なことをまとめました。

英語を修得することは時には辛く、そして楽しいことです。しかし、やり続けていれば結果はついてきます。あきらめないで、今日紹介したことを心掛けて学んでいきましょう。

 

英語を学んだ先に、新しい未来が待っていますよ。

人気記事

【完全無料】英語学習サイト50選

人気記事

【最新】厳選したオンライン英会話15社をあなたに合わせて徹底比較

60分でネイティブ英語を聞き取る方法!

\60分でネイティブ英語を聞き取る/

無料講座を受け取ってください!

目次
閉じる