60分で海外英語を聞き取れるようになる方法>>

【大丈夫?】英語ニュースを聞き取れない人が勘違いしていること3選

落ち込む女性のアイコン画像落ち込む女性

英語が聞き取れない~…。ニュースとかさっぱり!

上記の悩みを持つ人向けに解決策を書いていきます。

  • 仕事で必要だから、または教養として、英語ニュースが聞き取れるようになりたい。
  • でも実際に聞くと何を言っているのかさっぱり分からない。

 

学校のテストの点数はよかったのに、いざ英語を聞き取ろうとしても分からない。これまで勉強してきた英語は役に立たない、と感じる方も少なくありません。

 

一般に英語ニュースは教科書通りの英語が話され、アナウンサーがはっきりと発音するため、同じ英語の映画やテレビ番組と比べても聞き取りやすいです。

 

だから、正しい練習を行えば、これまで学習してきた知識で十分に聞き取ることができます。今回は英語ニュースが聞き取れない人が陥りがちな考え方をひもとき、正しい聞き取りの勉強法について一緒に学んでいきましょう!!!

 

正しい勉強法を教えて!という人へ

聞き取れない理由は何でも良いから、とりあえず速攻で英語を覚えたい」という人へ!

 

60分でネイティブ英語を聞き取れるようになる最強のコンテンツがあるので、無料で情報を手に入れちゃいましょう(*^-^*)

\60分でネイティブ英語を聞き取る/

無料講座を受け取ってください!

目次

英語ニュースを聞き取れない人が勘違いしていること

英語ニュースを聞き取ることができない人

最も重要な話を最初にしますね。

それは「英語ニュースを聞き取れない人が勘違いしていること」についてです。

  • リスニングの練習をすれば聞き取れると思っている
  • 直感的に英語を判断しようとしている
  • 聞き取るだけではリスニング能力が身につかないことを知らない

勘違いは上記の3つです。順番に見ていきましょう。

リスニングの練習をすれば聞き取れると思っている

英語を聞き取る練習法として1番最初に思いつくのは「リスニングの練習」ではないでしょうか。中学の英語の授業にはじまり、センター試験、英検、TOEIC・・・と私たちはいつもリスニング能力を求められ、勉強してきました。

 

だから今まで習ってきたやり方を疑わず、リスニングを勉強すれば英語が理解できると考えてしまうのです。もちろん全くリスニングをしないで英語を聞き取れるようにはなりません。しかし今までと同じやり方では、結果が出ないことは自身の経験からも明らかなはずです。

 

まずは、聞き取れない原因が、聞いてきた英語の“量”が少ないから、という考えから脱する必要があります。聞き取れない原因は、確実にこれまでの練習方法にあります。

 

学校で習ってきたような1度英語を聞いて問題を解いて答え合わせをする、という方法を疑ってみてください。

直感的に英語を判断しようとしている

1度英文を聞いて、意味を推測して問題を解く」という方法を繰り返していませんか?

 

私たちは「分からない単語は文の前後から推測する」と、英語を勉強し始めた初期の段階から口をすっぱくして言われてきました。たしかに推測する力も大切ですが、それはもう少し後の話です。

 

まずは、確実に聞き取れる単語の量を増やす必要があります。なんとなく聞き取れる単語をつなぎ合わせて、なんとなく意味を推察しているだけでは、英語に慣れることはできても、本質的に英語を聞き取ることができるようにはなりません。

 

自分が詳しい内容のニュースは理解できても、知らない内容のニュースはさっぱりということも起きかねません。多くの方にとって英語のニュースを聞き取る目的は、単に聞き取る以上に、内容を理解して、自分のものにするためだと思います。

 

英語の中身を理解するためにも、「分かる」という感覚を自分の中に育てる必要があります。

聞き取るだけではリスニング能力が身につかないことを知らない

今は分からなくても、くり返しリスニングの練習をしていれば、いつか分かるようになると考える方は多いです。例えば歌の練習を考えてみてください。いくらプロの歌を聴いても、実際に歌う練習をしなかったら、歌が上達することはありませんよね。

 

歌ってみてはじめて、自分の苦手な箇所やプロと違う箇所、それを克服するために必要な練習といった細部に意識が向くようになります。そのような違いを知ると、プロの音楽を聴いたときに気がつくことが増えるはずです。

 

同じ曲を聴いても素人と合唱部とでは感想が違いますよね。これは後者のほうが実際に歌った経験のぶん、音楽の構成や音程のとり方など、細部に注目する感覚が鋭くなっているからなのです。上手い歌を聴くよりも、実際に自分で歌ってみて比較・検討していくほうが上達が早いのは想像に難くないと思います。

 

英語も同じで、結局は人が話す言葉なのですから、ただ聞き流すだけでは表面的な理解しか得られません。実際に自分が口に出して初めて気がつくことがあるのです。

 

ネイティブ英語を60分で聞き取る方法があります!

「そんなの嘘でしょ」と思うかもしれませんが、学校では教えられてこなかった方法を無料で知ることができます!

 

英語を聞き取り話せる自分」を手に入れたい人は、下記から情報を受け取ってください(‘◇’)ゞ

\60分でネイティブ英語を聞き取る/

無料講座を受け取ってください!

英語ニュースが聞き取れない人がいますぐやるべきこと4

英語を聞き取れない人がやるべきこと

ここからは、英語ニュースを聞き取ることができない人が、いますぐやるべきことを解説していきます!

  • 今までの英語の勉強と違う方法を試すこと
  • リスニングをしたら言葉に出してみること
  • 聞き取れない英語はすぐにメモること
  • 英語が聞き取れるようになる教材を使うこと

それぞれ順番に解説していきます!

今までの英語の勉強と違う方法を試すこと

中学校ではじめて英語を習って以来、私たちは教科書の単語を覚えて、和訳をしてやっとリスニングをするという勉強方法をくり返してきました。だからリスニングは聞きっぱなしで終わる場合がほとんどです。

 

1度聞いて問題を解くだけでは、効果が出ない練習を続けることになります。英語のニュースを聞き取るための一歩として、これまでの聞き流す勉強法を改め、正しい勉強法を身につけることが重要になります

 

多くの場合、基本的な単語や文法はもう身につけているため、あとはどのように聞き取る力をつけるかがポイントです。

リスニングをしたら言葉に出してみること

まずはリスニングをしたら実際に自分の口で話しましょう。よく言われるのが「リピーティング」や「シャドーイング」といったテクニックです。

見本の音声と何が違うのか聞き比べることで、自分の中にある英語の精度を高めることができます

英語が聞き取れないときの対処法という記事で、より具体的な方法も解説していますのでぜひです(*^-^*)

 

先ほどの歌の例にも挙げたように、自分で言葉にしてみることで、細かな発音の違いや自分が苦手な発音に注意が向くようになります。言葉に出すことで、ネイティブとの違いが分かるようになり、それまでないがしろにしていた細部を意識できるようになります。それが自分の蓄えになるのです。

 

このように勉強を続ければ、だんだんと他の英文にも応用がきくようになります。

聞き取れない英語はすぐにメモをすること

リスニングをしていて、聞き取れなかった単語や英文はすぐにメモをしましょう。メモを残すことで自分の苦手な箇所が可視化され、より弱点が見えやすくなります。

さらにメモが増えれば、自分だけの教材が手に入り、その部分をくり返し練習することで効率的に聞き取りの練習が行えるようになります。

英語が聞き取れるようになる教材を使うこと

今までは、学校教育以外はほぼ独学で英語を学んできたと思います。しかし、それで「英語力が上がったか」と言われたら、悲しいことに答えはNOですよね。

 

特に社会人になると、自分から「能動的」に英語に触れない限り、勉強する場所なんて一切ありません。仕事もある中で勉強を続けていくのは、光の見えない暗闇の中で走り続けるのと全く一緒です。

 

英語を覚える方法としては、生活に一切の支障をきたさない格安のオンライン英会話を受講するか、圧倒的に質の高い教材を使って学んでいくしかありません。

オンライン英会話なら、下記の3つがおすすめですが、まずは無料体験してみるのがおすすめです。一切お金がかかりませんし、無料体験をして微妙なら、別のオンライン英会話を試すだけですよ。

上記の3つなら「格安で英語を覚えたい」という需要にマッチしているかなと思います。オンライン英会話同士で比較するためにも、3つぐらい受講するのがおすすめです。

 

「圧倒的に質の高い教材」で学ぶなら、下記からコンテンツを受け取ってください。こちらも無料ですので、まずは試してみる気持ちが大切ですよ!

\60分でネイティブ英語を聞き取る/

無料講座を受け取ってください!

 英語ニュースは正しい勉強法で聞き取れるようになる:まとめ

英語ニュース

英語が聞き取れないからといって闇雲にリスニングをくり返すことはもうやめましょう。正しい勉強法を身につければ、誰でも英語ニュースを聞き取ることができます。

大切なのは、これまでのインプット重視の練習法から、アウトプット重視の練習法に切り替えることです。英語を聞き取る量を増やすのではなく、11つの英語を自分の中で理解できてから次に移りましょう。

そのために聞き取った英語をすぐに口にすること、聞き取れなかった英語をメモにして残しておくことをおすすめします。このように自分の得手・不得手が分かるようになると、だんだんと聞き取れる単語が増えるはずです。さらに実際に口に出すことで、英語を話すことも苦にならなくなります。

 

考えてみれば、英語も言語ですから、聞く・話すのどちらか一方が突出して得意な人はいませんよね。言葉を話し始めた赤ちゃんも、お父さんやお母さんの話す言葉を真似て、そうするうちにだんだんと言葉を覚えていきます。聞くことと話すことを並行することではじめて聞き取り力を向上させることができます。正しい勉強法を実践して、毎日の習慣に英語ニュースをとり入れていきましょう!

まずは無料体験を受講して、講師から無料で改善策を教えてもらうのが効率良いですよ。

\60分でネイティブ英語を聞き取る/

無料講座を受け取ってください!

人気記事

【完全無料】英語学習サイト50選

人気記事

【最新】厳選したオンライン英会話15社をあなたに合わせて徹底比較

60分でネイティブ英語を聞き取る方法!

\60分でネイティブ英語を聞き取る/

無料講座を受け取ってください!

目次
閉じる